アンティークのクリスタルガラスの器
今夜は先日の仕入れの品物からクリスタルガラスを何点かご紹介します。
アンティークのクリスタルグラスは繊細で宝物のように扱わなければいけませんが
それゆえ美しく、魅力的ですね。

まずは、アールデコ(1930年前後)の銀彩の器
b0222043_23441940.jpg

デザート用のカップで、全部で7個あり、
このほかにフルーツポンチを入れたであろう大きなボールが付きます。
非常にスタイリッシュなフォルムですが
繊細な吹きガラスです。

アールデコの品物はごくシンプルなデザインでありながら
製品の規格がまだしっかり統一されていなかったのか
同じデザインでもほんの少し形が違ったりいびつさが見てとれたりして
そこに、手仕事の温かみが感じられて好きです。

それにまだクリスタルガラスはブルジョア以上の富裕層のもので
簡単に壊れることよりも繊細な美しさが勝る時代だったのでしょう、
多くはとても薄く繊細で、それゆえ見事に美しいです。



アールヌーボー(1900年前後)の小さなエナメル彩の小皿
繊細で美しくも可愛い絵付けです。
b0222043_23555436.jpg

きっとフランスのものであろうと思います。
b0222043_23561217.jpg

エナメルはプックりと厚く塗られています。
優雅な時代の産物です。

ナポレオン三世代より前、1800年台前半
ボヘミアのクリスタルガラス皿
b0222043_23591232.jpg

優雅な曲線を描いた
均等な厚さのガラスのプレートです。

時代が古く、後の時代のクリスタルガラスのようなきりっとした感じではなく
飴のようにしっとりした風合いがとても魅力的です。

以上の御品物は、渋谷BunkamuraでのGraceful Antiques~美しき西洋アンティークへの誘い~
2015/3/21(土・祝)~3/29(日)にて、
お買い求めいただけます。

メールでのお問い合わせにも対応させていただきます。
Mail:angedemaison@gmail.com

皆様の御来場を心よりお待ちしております。
[PR]
by leangedelamaison | 2015-03-14 00:12 | 商品紹介 | Comments(0)
<< トーマス・サージャントのバルボ... 買い付け徒然”中世美術館”に行... >>