<   2013年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧
今日から、京都大アンティークフェアです。
おはようございます♪
いつもご覧いただきありがとうございます。

今日3月29日から3日間、京都パルスプラザにて10時~17時まで(最終日16時閉場)西日本最大規模のアンティークフェア、京都大アンティークフェアが開催されます。

京都は桜もまだ蕾があり、
垂れ桜が週末辺り満開となります。

ランジュドメゾンは、二階に出店しております。

皆様のご来店を心よりお待ちしております。

b0222043_8193892.jpg


b0222043_8201464.jpg

[PR]
by leangedelamaison | 2013-03-29 08:13 | 骨董市 | Comments(0)
シノワズリーのカフェオレボール
空想上のチグハグな世界をこのシノワズリーのカフェオレボールに見つけました♪

さあ!、??


b0222043_3373284.jpg

b0222043_17482269.jpg

超福耳のシノアの女の子がターザンみたいに蔦を握って
アーアァ~~♪っとはいうこともなく、真顔で飛び、

勢いで片っぽ長靴が脱げ、

鯉はすべり台をすべり落ち、目が点になり、
卍のような岩には正確に三本ずつ苔が生えた。

b0222043_2163675.jpg

閉じた扇を持つ、また冷静なシノアの女の子から蔦の続きが生えたようで・・・
その向こうにエッフェル棟のように堅牢な五重塔があり、
塔には鯉のぼりがはためき、

b0222043_2224961.jpg

b0222043_223325.jpg

樹には実と花が一緒に成っている。


b0222043_2235790.jpg


b0222043_2242053.jpg


赤いぽっちのマークからは判りかねますが、
古いものです。デザインから、1850年前後のものでしょう。大きさは、9cm×4.5cm。



私がこの小さなカフェオレボールの中に見つけたメルヘンに、
“爆笑”していただければこれ幸い。

「お家の天使」は、
時々は大爆笑のメルヘンであり、
いつもは、みなさまを“にんまり”させる幸せ感のあるお品物です♪♪



それでは次は、京都大アンティークフェア(3/29~3/31)です。
SEE YOU!!


と、ブログをかいていたら、
季節はずれの焼き芋屋さんの声が聞こえてきました。

東北訛り?のやさしい声で「ほっかほか~のほっくほく~~♪」
と言っています。

そういえば、白金の昭和レトロな商店街の八百屋で
「焼き芋!、ヤキウモウぅっ!♪♪」ってダンスミュージック?風の焼き芋の歌が流れていました。
しばらく楽しい音楽でした♪余談ですが。。。

私の紹介するアンティークのお品物は「焼き芋」のようなやぼったいものではございませんが、
あったかくって、にんまりするものであることは、「焼き芋」と共通していますね♪
[PR]
by leangedelamaison | 2013-03-25 14:28 | 商品紹介 | Comments(0)
金継ぎと蒔絵とランジュドメゾンHPの更新予定
b0222043_17523436.jpg
NIEVREの18世紀のお皿、
先日、東京ドーム催し物でお隣に出店されていたのが縁で、
蒔絵師の松田祥幹先生に金継ぎの仕上げをしていただいたのが、今日できあがってきました。


金継ぎの参考書通りでは上手くいかず、自己流に何度も試行錯誤して継いだNIEVREのお皿でしたが
この皿はどうしても納得する仕上がりになりませんでした。

b0222043_1753657.jpg

写真は先生の仕上げ。綺麗ですね♪
深い金色で、しっとりした輝きがあります。
漆に金の消し粉(粒子の大きい金粉)を捲いて、その上からまた漆を塗り、磨き上げるのだそうです。
そうすれば、金粉が経年で剥がれ落ちることもなく、半永久的に定着します。
これは一般的な金継ぎの仕上げ方ではなく、蒔絵師である松田先生の独自の手法です。

松田祥幹先生のHPを拝見すると、いかにその道の大家かがわかりますが、
先生ご自身は、お話ししやすい誰からも親しまれるような方です。
私はどんな方か存知ず、金継ぎの自分の手法で上手くいかないこと、
試行錯誤の過程などをお話ししましたら、丁寧に手法の改善点を指摘していただきました。

参考書には書いていないことで、
私の試行錯誤が良い金継ぎをする手法として誤りの無い方向に進んでいたことが判り、嬉しかったり。

それではやってみよう!と思ったのですが、
もう間違いなく美しく仕上げたかったので、「ではこれ、お願いします!」ってお願いしてしまったのでした。
あまり先生ご本人が金継ぎはされないようなので、私はラッキーでした。

仕上げを綺麗にするためもありますが、
面白そうなので青山の蒔絵のお教室「蒔絵スタジオ祥幹」の体験教室に参加してみようと思っています。
皆さまにもお薦めいたします。

※HPは、3月21日の21時を目途に更新いたします。

次回の催しものの出店は、
・3月23日(土)に南青山骨董通りWEEKLYSTREETMARKET
・3月29日(金)~31日(日)まで京都大アンティークフェア@京都パルスプラザ
・4月19日(金)~21日(日)まで横浜骨董バサール@パシフィコ横浜
に出店させていただきます.
[PR]
by leangedelamaison | 2013-03-20 16:55 | その他 | Comments(0)
今日は春分の日。花、花、花♪
次回の催しものの出店は、
・3月23日(土)に南青山骨董通りWEEKLYSTREETMARKET
・3月29日(金)~31日(日)まで京都大アンティークフェア@京都パルスプラザ
・4月19日(金)~21日(日)まで横浜骨董バサール@パシフィコ横浜
に出店させていただきます。ご来店を心よりお待ちしております。

今日は青山まで、金継ぎの仕上げをしていただいたお皿を受け取りに行ってきました。
それについては、つぎのブログに書きますね、

途中、なんだか散歩をしている人が多いなあと思っていたら、
今日は「春分の日」なのですね。

とても暖かくて、お花がいっぱい咲いてました。
自宅から坂を登りきったところに、満開のモクレンの樹がありました。

b0222043_15392457.jpg
いつも掃除されている道なのですが、
モクレンの樹の下は花びらが沢山舞い散っていました。
それがとても綺麗で、もしかして綺麗だからわざと掃除しなかったのかしら・・・と、
そうならとても粋なこと!と嬉しくなりました。

一日出かけないうちに桜の花が、もうだいぶ咲きましたね。
途中、古い桜の樹にひと際美しい花が咲いていました。

b0222043_15501027.jpg


青山からの帰り道、有栖川公園に寄り道したら、
すみれや山吹き、桜、みつまた!?の花が咲いていて
b0222043_16264556.jpg


b0222043_16281519.jpg


b0222043_16291697.jpg

蝶々やら小鳥やら
なんとも心和む小さな生き物に出会いました。

ブログを書くために「春分の日」をしらべましたら、
「春分の日」は、祝日法第2条で「自然をたたえ、生物をいつくしむ」ことを趣旨としている、とのこと。

そのとおりの、一日となりました♪
お墓参りにも、いかなくちゃーーー
[PR]
by leangedelamaison | 2013-03-20 14:26 | Comments(0)
L 'Barbotine de GIEN 葡萄の葉文様のお皿
※携帯電話が故障していたため昨日は電話が不通となっておりました。ご連絡いただいたお客様には大変ご迷惑をおかけいたしました。本日修理に出しましたが、お急ぎの場合は再度ご連絡くださいませ。お手数をおかけして申し訳ありません。

プランタン銀座のアンティークバザールには沢山のお客様にご来店いただきましてありがとうございました。
催し毎に、必ず新しくお見せする品物がございますので、お楽しみにそれぞれの催しにご来店いただければ、と思います♪♪

明日3月16日(土)は南青山骨董通りのWEEKLYSTREETMARKET
明後日3月17日(日)は有楽町国際フォーラムの大江戸骨董市に出店いたします。
皆さまのご来店を心よりお待ちしております。
月末には、京都大アンティークフェアに出店いたします。あわせましてよろしくお願いいたします。


ところで、このところBarbotineやMajolicaが人気なのか、お問い合わせをいただくことが多くなりました。
当ランジュドメゾンの主要な商品として扱ってきたBarbotineが皆さまのお心にとまる機会が増えたということは嬉しい限りです。

今回は、皆さまもご存知のGIENのBarbotineをご紹介いたします。
b0222043_204180.jpg



これまでのブログでも写真だけ載せていますが、
たぶん葡萄の葉がモチーフのお皿です。葉脈も細かく彫りこまれたリアリティーのあるデザインがすばらしいです。
刻印から色々としらべましたが、大体1930年~1960年代の間に造られたもののようです。
裏にはの下の写真のような刻印があります。

b0222043_241494.jpg




残念ながらこれと同じ刻印の掲載された文献などに行き当らなかったので、
時代を広くみています。
1930年代とは思いますが・・・それには希望的な観測が含まれます。

現在も高価で高品質な陶器を製作する窯として知られる陶器メーカーのジアン社は、1821年、英国人のトーマス・ホールによって設立されました。詳しくは、GIEN社のHPをご覧ください。

古くは13世紀から始まる西洋陶器の歴史は東洋からシルクロードを経てスペイン、そしてイタリア、16世紀になってオランダやドイツの一部、イギリス、それからヨーロッパ全土に技術が伝播していったのだと文献に書いてあります。
GIENの創始者であるトーマス・ホールは、英国人です。
彼も、当時WEDGWOOD社やスタッフォードシャーなどですでに活発であったイギリスの陶器産業から異国に新天地を求めたのでしょうか?

このGIENのお皿は、1800年代に造られたWEDGWOODのお皿に類似しています。

アンティークのお皿は、とてもめずらししいもので美しければ、いいじゃない?とも思うのですが、
その縁について調べ始めると調べれば調べるほど奥が深いくて切りがありません。

こちらのお皿は、追加でディーラーに発注しているものも含め、
3月15日現在で在庫が10枚ございます。ご注文をお待ちしております♪

価格などのお問い合わせは、下記にご連絡くださいませ。

ランジュドメゾンE-mailアドレス:angedemaison@gmail.com
[PR]
by leangedelamaison | 2013-03-16 00:26 | 商品紹介 | Comments(0)
PRINTEMPS,新緑の春@ランジュドメゾン
只今、3月12日まで、PRINTEMPS銀座「アンティークバザール」に出店しております♪

今週は、異常気象注意報が出るほど暖かいようですね。

プランタンデパートの中は、もちろんとても暖かくて、
ランジュドメゾンのブースは、はやくも新緑の季節です。

鉢植えの植物たちが、日に日にぐんぐん成長しています。

匂いスミレの鉢は、いっぱいつぼみがでてきました。
鉢の周りはいいにおい。

b0222043_95167.jpg


ツタの葉っぱは、新芽がのび、つるつるの若葉が次々開いて。

b0222043_964573.jpg


b0222043_96764.jpg


今回初お披露目の19世紀初頭のお皿も新緑♪♪
ゼラニウムのお花が描かれております、只今4枚ございます。

b0222043_9134940.jpg


12日間の長丁場で、ちょっとなかだるみぎみです。
プランタン銀座は日曜日(20時閉店)以外は朝11時から夜21時まで営業しておりますぜひ次のお目当てを探しに&あそびにいらしてください。
お待ちしております♪♪
[PR]
by leangedelamaison | 2013-03-07 09:14 | 催事出店のおしらせ | Comments(0)
PRINTEMPS銀座の催しに出店しています♪
3月12日まで、PRINTEMPS銀座「アンティークバザール」に出店しております。
ぜひ、ご来店くださいませ♪

今回プランタンで販売中の品物のご紹介です。


b0222043_9464964.jpg


b0222043_9451914.jpg



b0222043_9471843.jpg


b0222043_951222.jpg


b0222043_9481111.jpg

[PR]
by leangedelamaison | 2013-03-03 09:49 | 催事出店のおしらせ | Comments(0)