<   2014年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧
骨董ジャンボリーへご来店頂きありがとうございました♪
冬の骨董ジャンボリーへの出展は、
昨日無事終了しました。
b0222043_037507.jpg

新しいお客様との出会いもあったり、
実りある3日間となりました。

ありがとうございます♪♪

今日は自分へのご褒美というか、
お昼ごはんの製作作業免除ということで、インドカレーを食べに行きました。

多少胃腸も弱っているみたいだから刺激物はよくないのですが、
野菜いっぱい入ったカレーが食べてくなって。

ここ一年くらい、私の中でちょっとしたインドカレーブームが来ています。
2か月に一度くらいとっても食べたくなるのですよね、

その発端になったのが京橋のkhyber(カイバル)というお店。
京橋周辺の気軽なディナーで検索していて見つけました。

b0222043_029769.jpg


チキンのカレーとほうれん草のカレーとなどを試しましたが、
私好みはほうれん草のカレーとか野菜のみのカレーです。
美味しいです。

アンティークモール銀座から近いので、つい寄ってしまいます。。

それから、赤坂のMOTIとか、神保町のマンダラ、サムラートとか行きましたが、
カイバルのカレーは、スパイシーなんだけど辛すぎず、素材の色んな味わいがします。


アンティークの話ではなくってごめんなさい。


今日は近所にあるサムラートに行ったのですが、

b0222043_0281732.jpg



やっぱ、カイバルだなぁ・・・
[PR]
by leangedelamaison | 2014-01-14 00:30 | 催事出店のおしらせ | Comments(0)
明日から骨董ジャンボリーに出展いたします
明日、1月10日(金)から12日(日)までの3日間
東京ビックサイト東1ホールで開催される国内最大の骨董市、骨董ジャンボリー(当店ブース NO.Q16b 10:00-17:00)に出展いたします。
※こちらの催しは、入場料が別途かかります。

ランジュドメゾンのブースは、Q16bにかわっております。
新しくお見せする品物はあまりないのですがそれでも数点、
今回初めてお見せする品物がございます。
いずれも19世紀末のBARBOTINEです。

b0222043_12325437.jpg


柄がアンシンメトリーになっています。

ライオンから伸びる、花。


ジャポニズム、日本の影響を受けた不思議なデザインです。
釉薬のかけ方は中国の唐三彩のようで、ポタポタ滴るような絵筆でささっと彩色されています。
鉢カバーなのですが、
穴は空いていないので花器としてお使いいただけます。
すこしニュウがありますので、
ジャンボリー会場にてごらん下さい。

鉢カバーですから、植物を入れると一層際立って美しいです。

b0222043_12304966.jpg


刻印がありませんが、
ベルギーのWASMUELの品物でしょう。
WASMUEL(ワスメル)の製陶所は、フランスのOnnaing(オネー)の製陶所がベルギーに作った工房を起源としているとのことで、そのほとんどがフランス国内に輸出されました。

その19世紀末、
東洋や南米のジャングルから持ち帰られた珍しいプラントの鉢カバーとして
使われたものと思います。




この鉢カバー越しに、ベルエポックのフランスの温室やサロンに
思いを馳せると・・・
そこは沢山の色や柄で溢れていたのであろうと思います。

珍しい植物を入れられて鎮座する鉢、
その向こうにあるカーテンやテーブルクロス一枚にも緻密な刺繍や織りが余すことなくほどこされています。

装飾的な黄金色のブロンズ、
お茶を楽しむ為のカップには溢れんばかりの花模様、あるいはユーモラスな風刺画が描かれ、
ベルベット張りのソファには、流れるような文様のカシミールのブランケット、足もとを彩るペルシャの絨毯。。。

今、
西暦2014年の東京の私の部屋は、
白い壁に白いカーテン、木の簡素な棚しかありません。

機能的ですが、
この部屋は作業部屋でしかないような気がします。

生きる事を楽しむ部屋をつくりたいですよね、

いつかジャングルのような植物に溢れるサロンに、
色とりどりのアンテイークのBARBOTINEや陶器の器を飾って
楽しむのが私の夢です。

この鉢カバーは、そんな優雅な夢の世界のアイテムです。




b0222043_1232222.jpg




b0222043_1231436.jpg


b0222043_12302158.jpg


b0222043_1331575.jpg



b0222043_1225554.jpg


何卒よろしく願いいたします
[PR]
by leangedelamaison | 2014-01-09 12:32 | 催事出店のおしらせ | Comments(0)
Bonne année 2014!!
皆様お正月はいかがお過ごしですか?

私は数年ぶりにふるさとに帰らず東京の自宅で過ごしました。
やっぱり正月はふるさとに帰らなさびしいものですね。

田舎のお正月は、格別な感じがします。

大掃除やお節やしめ飾り、
元旦の緊張感のある朝、年始の挨拶。

それがない東京の我が家では、
大晦日にいつもより丁寧にお掃除をして
せめて丸餅を鏡餅に見立てて飾りました。


b0222043_229311.jpg

ちなみにお皿は、皆さまにお見せするのは初めての、
Sarreguemines(サルグミンヌ)で19世紀に製造されたマジョリカです。追って詳しい説明も掲載させていただきます。

・・・お節は東京の叔母の家からおすそ分けしてもらい、
ふるさとの白味噌のお雑煮を作って食べました。

b0222043_221037.jpg


我が家のお雑煮の味は二種類あって、
一つは、ほんのり甘い白味噌の濃い目の出汁に絹ごし豆腐と青いネギと竹輪、焼いてない丸餅を入れたものです。
これは徳島県のお雑煮の伝統的なスタイルだと思いますが、
家々でちょっと違うかもしれません。

2日の朝は、栃木生まれの母が関東風のおすましに大根としいたけと鶏肉とミツバ、ゆず、焼き餅が入った御雑煮をつくってくれます。
2日めの方が好きな味ですが、
お雑煮といえば、元旦にしか食べない白味噌のを思い浮かべます。


そうそう、東京で、大晦日に竹輪を買おうと思ったら、ぜんぜん売っていなくて、
しかたなくおでん用のドット柄の竹輪を買いました。


徳島だと、ふつーのスーパーマーケットで常時5~10種類くらいの竹輪が売っているのですが、
東京の方は、竹輪をあまり食べないのですね。
じゃこ天の竹輪バージョンのような味わいの“あご竹輪”という銘柄があって、
それが実家では人気でした^^。

おでん用のは、炊くと味が抜けてしまうからか、ちょっと普通の竹輪より濃いめの味付けなのですね。

ところでこのおでん用の〝ドット柄の竹輪”は、いまはコンビニのおでんとして徳島でも見かけるようになりましたが、
かつては全く見慣れないものでした。

私は、
〝忍者はっとりくん”というアニメの主人公のペット〝しし丸”の好物であり、
“おそ松くん”でチビ太が食べているおでんに刺さっている、この大きなドット柄の竹輪を
アニメの世界のものだと思っていました。
東京の、ちくわのスタイルだったのですねー、・・・不思議。

竹輪のはなしは尽きなくて、
徳島の南方、小松島市の名物で〝竹ちくわ”と言うのがあります。

b0222043_22151274.png



谷ちくわ商店が有名ですが、ほかにも街のちいさなお店などでもこの竹ちくわを製造販売しています。
竹輪に竹の風味がついて良い香りがします。
徳島の土産物店ならどこでも扱っていると思います。

ついつい竹輪の話を長々書いてしまいましたが、
ふるさとでは、竹輪以外にも魚の練り物をアレンジした食品が非常に充実しています。
そしてどれも美味しいです。
海のそばだから、あたりまでしょうか・・・




2日の朝には、日枝神社に初詣でにも行きました。
首相官邸にもほど近い、都会のど真ん中の鎮守の森のなかに、
神社があります。

エスカレーターで上がるのですが、「こんな楽してよいですか?」というカンジ
b0222043_22174610.jpg


エスカレーターから仰ぎ見た高層ビル
b0222043_222025100.jpg



b0222043_2217655.jpg




b0222043_2221297.jpg


破魔矢という矢を買って、願いをこめると、
b0222043_22222737.jpg



巫女さんが成就のために舞ってくれます。
b0222043_22233088.jpg




私は、



b0222043_22163851.jpg


今年はさらによい仕事ができますように!との願いをこめて
商売繁盛の御札を買って帰りました。



今年も良い品を、皆さまにお届けできるよう、
頑張ってまいります。

基、ランジュドメゾンは
「お客様に幸せになってもらいたい。」と願っております。
これを、一つ一つお客様によりそう気持ちで成し遂げ、積み重ねて行きたいです!
そう願います♪

それでは
Bonne année♪♪

[ランジュドメゾン出店情報など]
新年は、1月10日(金)から12日(日)までの3日間
東京ビックサイト東1ホールで開催される国内最大の骨董市、骨董ジャンボリー(当店ブース NO.Q16b 10:00-17:00)に出展いたします。
※こちらの催しは、入場料が別途かかります。

また、当店の品物は、各催し場の他アンティークモール銀座地下1階のケース店舗でもご覧いただけるようになりました。
ただいまは、品物があまり入っておりませんが、1月14日以降ですと商品を追加搬入しております。

※アンティークモール銀座
〒104-0061東京都中央区銀座1-13-1 TEL:03-3535-2115
営業時間11:00-19:00 水曜定休


こちらもあわせてよろしくお願いいたします。
[PR]
by leangedelamaison | 2014-01-03 20:37 | その他 | Comments(0)
2014年もよろしくお願いいたします。
あけましておめでとうございます。

b0222043_114959.png



旧年中は大変お世話になりました。
私にとっては厳しい一年ではありましたが、
皆様との出会いがあり、今日も清々しい気持ちで新しい年を迎えることができました。
ありがとうございます。


東京はとても暖かな晴天です。



b0222043_1172445.jpg



本年も、変わらずのご贔屓のほどよろしくお願い申し上げます。


新年は、1月10日(金)から12日(日)までの3日間
東京ビックサイト東1ホールで開催される国内最大の骨董市、骨董ジャンボリー(当店ブース NO.Q16b 10:00-17:00)に出展いたします。
※こちらの催しは、入場料が別途かかります。

美しい品を揃えて、皆様のご来店をお待ちいたしております。

また、当店の品物は、各催し場の他アンティークモール銀座地下1階のケース店舗でもご覧いただけるようになりました。
ただいまは、品物があまり入っておりませんが、1月14日以降ですと商品を追加搬入しております。

※アンティークモール銀座
〒104-0061東京都中央区銀座1-13-1 TEL:03-3535-2115
営業時間11:00-19:00 水曜定休


こちらもあわせてよろしくお願いいたします。


本年もとびきり美しくて良い品をリーズナブルにご紹介いたします♪


b0222043_1144474.jpg


More
[PR]
by leangedelamaison | 2014-01-01 01:19 | その他 | Comments(0)