<   2014年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧
ご来店の御礼と明日からの骨董ジャンボリー@東京ビックサイトのご案内
銀座三越のビンテージのある素敵な暮らしフェアへは沢山のお客様にご来店いただきまして、誠にありがとうございました。

銀座の三越さんに出展させていただくと、
一流の小売とはこういうものかと、学ばせていただきます。
気持ちのよいご挨拶に始まり、
骨董という遠い過去に製造された不確かなものを現代の法令にのっとって誠実に販売するための努力、etc・・・

催しは無事終了して、
ただいまは明日8月1日(金)から8月3日(日)まで東京ビックサイトで開催される骨董ジャンボリー出展のために準備に励んでいます。
吊式の鉢カバーの秘蔵の品を一点、新着として持っていきます。
紺と茶が混ざった色合いの美しく渋い鉢カバーです。
b0222043_14395899.jpg
植物を入れると、鉢と植物の色や存在感が相まって、とても美しいです。

b0222043_14394861.jpg

アールヌーボーなデザインの特徴から1890年~1920年頃までに製造されたものと思いますが
刻印などが無いので製造年月日ははっきりとわかりません。
おそらくベルギーのワスメル工房で製造された品物です。

初お披露目はこちらの品だけなので
他の一部商品をSALE価格で販売する予定です。

また、夏を涼やかに彩るカットワークやレースのテーブルクロス、ベットカバーなどを
多数お買い得価格で展示販売いたします。
b0222043_14505199.jpg

皆さまのお越しを心よりお待ちしております。
骨董ジャンボリーは、日本最大級の骨董市です。
残念ながら入場料がかかりますので、こちらのサイトでご確認くださいませ。→http://home.att.ne.jp/sun/jambokun/antique/index.html





[PR]
by leangedelamaison | 2014-07-31 12:09 | Barbotine | Comments(0)
本日が最終日。銀座三越 ビンテージのある素敵な暮らしフェア
銀座三越で開催中の
ビンテージのある素敵な暮らしフェアは本日が最終日で、18時閉場です。

b0222043_11582947.jpg



皆様の起こしを心よりお待ちしております。

最終日ですが、
他店の素敵な品物を撮影させていただきました。
是非御来店ください!
b0222043_1214489.jpg


b0222043_12154157.jpg


b0222043_12161423.jpg


b0222043_12172667.jpg


b0222043_22115040.jpg



b0222043_2273012.jpg

[PR]
by leangedelamaison | 2014-07-28 11:22 | Comments(0)
銀座三越でお待ちしております。
7月28日(月)まで銀座三越「ビンテージのある素敵な暮らしフェア」
に出展しております。

素敵なお店もたくさん出展されています。

当店も、もちろん、素敵な品物をご紹介しております。

この猛暑ですから、
涼みがてらお気に入りの品物との出会いを探してみてはいかがでしょうか。


b0222043_9303054.jpg


b0222043_9305849.jpg


b0222043_9321268.jpg


b0222043_9323337.jpg

b0222043_933157.jpg


b0222043_9314680.jpg

[PR]
by leangedelamaison | 2014-07-27 09:32 | 催事出店のおしらせ | Comments(0)
銀座三越 ビンテージのある素敵な暮らし展に出展しております
7月23日(水)~28日(月)まで銀座三越「ビンテージのある素敵な暮らしフェア」
に出展しております。

初日のご来展、誠にありがとうございました。

b0222043_852273.jpg


b0222043_8523373.jpg


b0222043_8525722.jpg


素敵な美しいお品物との出会いの橋渡しができれば、
幸いです。
お時間が御座いましたら、ぜひご来店くださいませ。

皆さまの笑顔に会えますよう、
心からご来店をお待ちしております。
[PR]
by leangedelamaison | 2014-07-24 08:55 | 催事出店のおしらせ | Comments(0)
Sarreguemines 小鳥とさくらんぼのお皿


銀座三越のビンテージのある素敵な暮らしフェアの開催日が迫ってまいりました。

今日もそちらで展示販売いたします、お品物のご紹介です。

b0222043_16493395.jpg

直径20.5cm デザートプレートのサイズです。

1900年代の前半にフランスのサルグミンヌで製造されたものです。

サルグミンヌは、イギリスのミントンから技術を学んだそうで、地方の民間釜というより企業として大量生産できる製造ラインをもちながら、また一貫して高品質な陶器を製造するブランドを確立した会社だと思います。

このお皿も、とうじ大量に生産されているはずですが、リアリティーのある彫刻技術やデザインの素晴らしさ、手彩色による絶妙で美しい配色をお楽しみいただけます。

同じブラックチェリーのデザインの在庫は2枚、木の実の種類の違うものが3枚ございます。

b0222043_16501570.jpg

お皿のブラックチェリー、フランスだとCœur de Pigeon(クール ド ピジョン、鳩の心臓の意味)という名前で呼ばれています。

今ごろの時期、ハート形の深紅のこのさくらんぼがフランスのマルシェでは山盛りで売られています。

まさに今が旬、なんです♪

同じ色と形の日本で買えるアメリカンチェリーよりも酸味が少なくて、お菓子用のブランデーにあうような濃い甘さが特徴なのかなと思います。

そう、このお皿のチェリーみたいに。

ああ、Cœur de Pigeonのこと考えてたら、すっかり腹ペコになってしまいました。

夏は果物美味しいですよねーー♪

桃でしょ、さくらんぼでしょ、すもも、ソルダム、メロン、スイカ♪

美味しいものばっかりですね(>_<)

果物ではないけど、真っ赤なトマト、みずみずしいキュウリ、、

いかんいかん・・・。誘惑を振り切って、ジョギングに行ってきます(>_<)


それでは、またブログでお会いしましょう♪


こちらの品物を展示販売いたします、
銀座三越「ビンテージのある素敵な暮らしフェア」は、7月23日(水)~28日(月)まで
是非、お越しくださいませ~♪

商品の詳細などについては、angedemaison@gmail.com にお問い合わせくださいませ。
よろしくお願いいたします。

b0222043_16522296.jpg
いつのまにか、百日紅の花が満開ですね、
・・・暑いはずです。


[PR]
by leangedelamaison | 2014-07-17 16:52 | Comments(0)
Barbotine お花模様の吊り式植木鉢カバー
ご無沙汰してしまってもうしわけりません。
暑くなってまいりましたが皆さまいかがお過ごしですか?

私は二か月ほどお休みが無かった反動で、このところ夜の早めの時間に仕事を切り上げて、毎日運動に精を出しています。

運動といっても軽く走ったり歩いたり、近所のジムのホットヨガ教室にいったりだったのですが、少しずつ体が動くようになるとちょっと面白くなってきて、筋力トレーニングみたいなことも始めました。

そうすると、体調がすこぶる良くなってびっくりしています。
毎日少しづつでも運動するのがよいみたいです。
朝の目覚めがいいとか、寝つきがよいとか、万年肩こりがよくなってきたとか、よいことばかりです。

余談ですが、ジムのオプションで体脂肪率とか筋肉量とかはかってもらったら、
女性の標準のの120~140%の筋肉量があるのだそうです、私。

重い陶器の商品を日常的に上げ下ろしたり運んだりしているせいなんでしょうね。

だから、私は痩せたらムキムキだそうです。やだな、それは。。。

母にそのことをいったら「労働者じゃん」っていわれましたが、
自分の手をまじまじ眺めて見ても、思います。女の子の手じゃなくて、労働者の手だと。
とほほって思いつつ、がんばってる証ってことで、私の手は好きです。

ただ、一方で優雅であることを愛しています。
貧乏くさいのが苦手です。
お嬢様や奥様然として、優雅にいたい気持ちは常にあります。
日々の仕事がどんなに大変でも、、です。皆様もそうじゃありませんか??

アンティークがお好きなら、そうでしょう?きっと。

今日は、そんな優雅なお部屋に置いてほしいアイテムをご紹介いたします。


b0222043_16135463.jpg
おそらくFives-Lilleで
1900年代初頭に製作されたバルボティーヌの釣り式の鉢カバーです。
年代はデザインから推測しています。
刻印もないのですが、鉛を含んだ釉薬独特のキラキラした輝きや
たっぷりと釉薬がかかった深い色から
間違いないと思います。

参考文献の写真を添付しておきます。
b0222043_16241741.jpg
Fives-Lilleもベルギー国境の街です。
b0222043_16271100.jpg
b0222043_16353804.jpg
愛らしいですね♪
先の出っ張りに小さな修復がありますのでお確かめになってからご購入ください。
直径25.5㎝、深さ13㎝です。

b0222043_16360492.jpg
すこしたれさがる植物を入れるとまた美しいですね♪
写真の植物は“においすみれ”です。お花が終わっていますが茎が蔓のように延びてきて綺麗です。

今日はしばらく部屋の窓辺に飾っていました。カーテン越しに夏の日差しに照らされてとても美しくて、私も欲しくなりました。

こちらの品物は、7月23日(水)~28日(月)まで
銀座三越「ビンテージのある素敵な暮らしフェア」で展示&販売いたします。

是非、お越しくださいませ~♪

商品の詳細などについては、angedemaison@gmail.com にお問い合わせくださいませ。
よろしくお願いいたします。



[PR]
by leangedelamaison | 2014-07-15 16:40 | 商品紹介 | Comments(0)
雨上がりの散歩。こんなアスパラガスのお皿もあります。
東京は雨が上がったり、また降ったり。
明日は、青山のアンティークマーケットに出店するのに、この調子だと小雨のマーケットになりそうですね、残念(>_<)
b0222043_09174889.jpg
雨の後、晴れ間の散歩で
生き生きとした植物たちに出会いました。

b0222043_09180694.jpg
この朝顔は、先日はピンクの花を咲かせていたのですが・・・

あじさいが土の酸性かアルカリ性かで、花の色が変わると聞いたことがあるし
朝顔は雨の影響で色が変わるのかな?とおもってググったら
酸性雨では白やピンクの斑点ができても、急に花の色全体が変わることはないようです。

でも、朝顔の細胞内のPH値の時間的な変化で色が変わるのだそうです。
つぼみの時はピンク、開花中は青、しおれてまたピンクと、いうように。
あるいは、午前中は青で、午後ピンクみたいな時間での変化があるのですって!
それはリトマス試験紙と同様の変化で、酸性で赤く、アルカリ性で青く。
・・・謎解明♪


b0222043_09194033.jpg
このお花、なんて名前でしたか?(※このお花は、エンジェルトランぺット(一般的な通称)でした!M様、A様教えていただきありがとうございます!正式名称は、ブルグマンシアといいます。)
近所の公園にも道端の花壇にもたくさん咲いていて圧巻なのです。

b0222043_09183830.jpg


そうそう、草花の描かれたこんな可愛らしいアスパラガスのお皿があります。
b0222043_09385868.jpg
お皿が2つに仕切ってあるのがアスパラ専用皿の特徴です。

上のくぼみにゆでたアスパラガス、
下のくぼみにソースたっぷりと入るようになっています。

裏にLONGWYの刻印もありますが、アスパラガス用のお皿の専門書によりますと、
19世紀末にLONGWYで製作されたものです。





b0222043_09393748.jpg


いろいろなデザインの銅板転写プリントで製作されていて、
色は手彩色なのですね、
だから、なんとなく絶妙なのです。

b0222043_09435736.jpg
b0222043_09383629.jpg


お皿の中が、まるで田舎のお花畑のようです♪

持った感じ、とても軽いfaienece fine です。

ちなみに、LONGWY(これで“ランギー”と読みます)は、
フランスのアルザス・ロレーヌ地方の窯です。
この辺りは、一度ゆっくり旅してみたいです。
ビレロイボッホもここが発祥の地ですし、Sarregueminne もLuneVilleもありますね。
古くから、素晴らしい工芸品を生み出した土地なのです。
b0222043_09395423.jpg

明日のWEEKLY ANTIQUE MARKET に持ってまいります。
他にも、Barbotineのお皿や夏なので大きめのグラスなども。
皆さまのお越しを心よりお待ちしております。


アンティークモール銀座内ケース店舗の品物も入れ替えました。
こちらも、合わせてよろしくお願いいたします。
※アンティークモールケース店舗での販売は2016年現在は行っておりません。
アンティークモール銀座 東京都中央区銀座1丁目13番1号 
(営業時間:11:00-19:00 水曜定休日)

商品のお問い合わせは、angedemaiosn@gmail.com までよろしくお願いいたします。

[PR]
by leangedelamaison | 2014-07-04 09:46 | 商品紹介 | Comments(0)