人気ブログランキング |
日本橋三越本店「三越フランス展」に出展いたします。
日本橋三越本店「三越フランス展」
会期:10月8日(水)―10月14日(月)
会場:日本橋三越本店 本館7階 催事場

本年も『フランス展』に出展させていただきます。
只今続々と新入荷がフランスより届いています。
随時ご紹介いたしますのでブログをご覧いただければ幸いです。
皆様のご来展心よりお待ちしております。

また広尾駅から徒歩2分の素敵な場所に店舗の開店を準備しておりますが、思うように進んでおりません。
きちんと開店出来るか未定ですが、まずは10月28日㈪~11月2日㈯まで(※当初予定がずれました。申し訳ありません。)プレオープンを予定しております。
営業時間はAM10時からPM16時までの予定です。

子供が重病になったりすると急にお休みになるかもしれませんが、この予定をMASTで準備しておりますので、ブログをご覧の皆様、ぜひご予定に入れてくださいませ。
ご来店を心よりお待ちしております。
# by leangedelamaison | 2019-09-19 16:52 | 催事出店のおしらせ
夏色のアスパラガスのお皿

今日はアスパラガスのお皿をご紹介いたします。

今日の東京地方は湿気が多いですが明るい青空がときどき見える明るい空です。
ずっと曇り空だったから嬉しいですね!
今日のお皿は明るい夏の空が似合うさわやかなお色です♪

一般にアスパラガスの旬って4月~6月と認識されているんですね。
でも私にとって、アスパラガスの旬はまさに今頃です。

小学生の頃、四国の実家の庭の片隅にアスパラガスが植わっていて、
それを毎日収穫するのは夏休みの日課でした。
毎朝のラジオ体操から帰ってくると、
祖父母がトマトやきゅうり、ナスやオクラ、そしてアスパラガスを収穫させてくれました。
ひんやりした日陰に植わったアスパラガスの株を覗くと
柔らかそうでとても綺麗なアスパラガスが顔をのぞかせていて、それを収穫するのはちょっと特別でした。
だから私は、アスパラガスは強烈に夏の食べ物だと思っていました。

調べてみると、栽培方法にもよりますが9月頃まで収穫できるのだそうです。

ちょっと横道にそれましたが、
フランス人にとってはアスパラガスは『王様の野菜』と言われるほど
特別な野菜ですから、お皿も特別に作りました。

今日ご紹介するこのお皿もデザインの素敵な特別なお皿です。
このお皿もBarbotine(バルボティーヌ)陶器ですが
かなり高温で焼かれているのか、磁器のような硬質な雰囲気があります。
表面にかかった釉薬にはガラスのような透明感があり、色ガラスのお皿のように見えます。
アスパラの穂先の淡い色目がとても可愛く美しいです。

b0222043_16424830.jpg
b0222043_16421667.jpg

直径が約24.5㎝、高さが3㎝ほどあるので、存在感があります。
デザインはシンプルで、アスパラガス以外でも
ソースや薬味を別盛りにしたいろんなお料理で美しくつかっていただけると思います。
※食器としてお使いになる場合は、最後の≪アンティークの食器を使うことによる鉛中毒の危険性及び食品衛生法に基づくご説明≫を必ずご確認ください。


残念ながら裏に刻印が無いため、窯元も製造年代も不明です。
製造年代も推測が難しく、1920年頃と思われるデザインですがごく最近の1980年代頃につくられたものの可能性があります。
また目立ちませんが少し使われていたような経年の傷や、製造時の窯傷がございます。

今回もYahooオークションに出品いたします。掲載は7月18日の23時ころになりそうです。
オークションはめったに出品しないのでほとんど初心者です。
アンティークやビンテージの陶器は品物を手にとってその美しさと使い方のインスピレーションを感じてもらわないと販売するのが難しいのかなあと感じていますが、

どれも自信をもってご紹介できる美しい品物です。
ぜひ落札してください。よろしくお願いいたします。

以下、アンティークの食器を販売するにあたって食品衛生法に伴う注意です。

≪アンティークの食器を使うことによる鉛中毒の危険性及び食品衛生法に基づくご説明≫
このお皿はアンティークの1点物のため、食器として輸入販売するための検査(含有物などの分析)をおこなっていません。したがって、お皿の素材としてどのようなものが使用されているかわからず、食品衛生法上、当店ではこのお皿を食器としてではなく飾り用の皿として輸入販売しています。

とはいえ、もとは食器として製造されたものですからお客様の判断で食器として使用されることもあるかと存じます。
その場合、このようなアンティーク及びビンテージの食器には鉛の含有率が高いものがあますので、酸性の強い食材(お酢の類やレモン果汁など)を直接盛ることをできるだけお避け下さい。酸性が強いとごく微量ですが食器に含まれる鉛成分が溶け出す危険性があります。酸性の強いお料理の器として、例えば毎日のような高頻度で使用された場合には、鉛中毒になる危険性があります。
当店ではこれらのお皿に直接料理を盛らずに現在製造されているガラスの器などに料理を盛ってお皿の上に置いて使うようお勧めしていますが、お客様の判断で直接盛り付けて使う場合には、酸性の食材は避けて楽しんでいただければと思います。


# by leangedelamaison | 2019-07-18 16:43 | 商品紹介
Sarreguemines(サルグミンヌ)の鳥とサクランボ文様のバルボティーヌのお皿
夏!サクランボの季節ですね!
ちょっとこのところ寒いしじめじめしていますが、
スーパーマーケットにも沢山サクランボが並ぶようになって
私も季節の味を楽しみました♪

さて、今日は季節のお皿を何点かヤフーオークションに出品いたしました。

b0222043_16391544.jpg
Sarreguemines(サルグミンヌ)のバルボティーヌのお皿
オークションサイト→https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/f359786294
是非ご覧いただき、落札していただければ幸いです。

お皿には鳥とサクランボの絵柄がリアルなレリーフで描かれています。
このお皿は大人気のシリーズで、同じデザインでかなり長い期間製造されていますが、
これは初期に製造されたもので時代は刻印から1900年代に入り1930年頃までに生産されたものと推測できます。
また同じ図柄で背景が水色のものはかなり量産されていますが、このイエローの地に緑の縁取りはとても珍しいです。
高台に穴が開いているので、このままひもを通して壁に飾ることができます。
このお皿で、山もりのサクランボ食べたいなあ♪

直径:約20.5㎝

以下、アンティークの食器を販売するにあたって食品衛生法に伴う注意です。

※ご注意:このお皿はアンティークの1点物のため、食器として輸入販売するための検査(含有物などの分析)をおこなっていません。したがって、お皿の素材としてどのようなものが使用されているかわからず、食品衛生法上、当店ではこのお皿を食器としてではなく飾り用の皿として販売しています。
とはいえ、製造当時は食器として販売されたもので、お客様の判断で食器として使用される場合もあるかと存じます。その場合の注意として、このようなアンティーク及びビンテージの食器には鉛の含有率が高いものがあり、酸性の強いもの(お酢の類やレモン果汁など)を直接盛るとごく微量ですが鉛成分が溶け出します。この為、酸性の強いお料理の器として高頻度で(例えば毎日のように)使用された場合、鉛中毒になる危険性があります。
当店ではこれらのお皿に直接料理を盛らず、ガラスの器などに料理を盛ってお皿の上に置いて使うようお勧めしています。お客様の判断で直接盛り付けて使う場合には、酸性の食材は避けて楽しんでいただければと思います。


# by leangedelamaison | 2019-07-12 16:46
銀座三越リミックススタイルの催事は無事終了いたしました
銀座三越の催事は無事終了したしました。
今回息子の病気があり、お仕事復帰後個人的にイチバン大変なお仕事でしたが、
ブログやSNSでのお知らせをみて駆けつけていただいたお客様、
また出展を知らずにたまたま通りがかった顧客の方々、
ご来展またはお買い上げいただいた皆様誠にありがとうございました!
また三越の写真スポットになることもできました!(笑)・・・店内は撮影禁止のはずですが商品がバシャバシャ写真に撮られていきました('Д')どこかのInstagramでイイネを貰っているのかな??

また今回は中高時代の友人がお客様で来てくれたり小学校からの幼馴染が徳島から通信販売でこれで何度目か買ってくれたり。

感謝と嬉しい気持ちでいっぱいにかりながらひと仕事終了することができました。ありがとうございました!( ;∀;)
また幸せ感のある美しいものを探し当てて皆様にご紹介いたします!

b0222043_15470584.jpg
個人的な話で恐縮ですが、
昨日と一昨日は、息子と一日中一緒に過ごしました。
息子は一週間ほど一緒にあまり過ごせなかったので、ずっと甘えてきて、いつも抱っこ抱っこ言わないのに、私を見上げては手を伸ばし、「抱っこして!」のポーズばかり。
そんな息子を抱っこしていろんな遊びをしたり、手の込んだハンバーグや雑炊などを作ったり、彼の笑顔が見たくてがんばりました!

そうそう、皆さんは赤ちゃん教育をどうしていますか?
私は空いた時間にモンテッソーリ教育や久保田カヨ子さんの著書や『しつけ』の仕方についての本をかじり読みし、一生懸命考えて世話を焼いていますが、不十分な気がして仕方なくて。
情報や参考にすべき本は溢れているし、情報を的確に選べるかな❔とか、知識を自分のものにしきれないので不安になります。だからもし子育てのおすすめやアドバイスがあればどんなことでも教えていただきたいです!宜しくお願いします!

# by leangedelamaison | 2019-07-05 16:45 | 催事出店のおしらせ
銀座三越リミックススタイルにて催事中です。
もう本日までとなりましたが、
ランジュドメゾンは銀座三越の7階リミックススタイルにて催事出展をさせていただいております。
私事ですが息子の病気にかかりきりで、今回の催事のDM発送ができませんでしたが、連日懐かしいお客様にいらしていただき、大変感謝しております。
また新たな素敵な出会いとともに、ちょっと寂しくなるような品物のお嫁入りがありました。

b0222043_03172535.jpg

三越で掲示されたランジュドメゾンの紹介文です。
短い文章にまとめてもらっていました。

そう、『幸福感』。
それを感じてもらえるような品物の橋渡しがしたいと切に願います。
単純に可愛くて面白くてにっこりでも、色彩やデザインへの共鳴でも、品物のたどった歴史的背景に思いを馳せた心の響きでも、どこかで心地よい『幸福感』がありますように。
出来れば品物があなたを幸せにしますように。
私がかけた、あなたの幸せを願うおうちの天使のおまじないもききますように。。。
本日もありがとうございました!


# by leangedelamaison | 2019-07-01 17:41