骨董市と白アスパラの季節
今日、夕飯の買い物しにスーパーマーケットへ行ったら、
白いアスパラが緑のアスパラと並んでいました


とてもきれいで、おいしそう。

ブログに載せようとパチリ☆
・・・・でも、右手にかごを持ったままだったから、思いっきりぶれてしまった。あぁぁぁ.
b0222043_030476.jpg


フランス人は、これが大好き。
旬を待ちわびています。

堅い部分の皮をむき、湯がいて
半熟ゆで玉子にオリーブオイルと塩コショウをかけ、
これらをつぶし混ぜたソースにからめて食す、のがオーソドックスな食べ方ですが、
これがとてもとても美味しい♪

わたしは、白アスパラが高価なので、普通の緑のアスパラでこの食べ方をします。
それでも、すごくすごく美味です。

ちょっと、フランスの田舎町の気分で♪♪
・・・ああ、幸せ♪っと。

調べてみると、
19世紀の終わりには農場での大規模生産がはじまってたそう。

余談ですが、アールヌーボーのこのころのバルボティーヌには、
白アスパラ用の皿がいくつかあります。
b0222043_05244.jpg


これは、優しい色。

-------------------------------------------------------------------

今週末は、5月1日~3日まで名古屋骨董祭に出店してまいります。
おちかくのかたは、お立ち寄りいただければ、幸いです。

ランジュドメゾン 
[PR]
by leangedelamaison | 2011-04-27 00:31 | グルメ
<< 名古屋大骨董祭 バルボティーヌという陶器 >>