パリにて、びっくり写真。
今日は、急に涼しくなりましたね。
秋晴れは、とても気持ちが良いですが、
ふとした瞬間にセンチメンタルになりますね。
季節の変わり目というのは。

高温多湿の空気が、からっと冷たい空気に変わると、
その空気の密度感の変化とともに 自分もバラバラと空気に溶け込んで薄くなったような、
自分の中心が頼りなくなったような 感じがします。

数日で慣れるのですが、何十回と体験した季節の変わり目には慣れませんねぇ。。。


なかなかあっぷできなかったのですが、
7月のパリで撮った写真をご紹介いたします。


一枚目は、ものすごーーーーーく大きな犬です。
一緒にいるおばさんが小さいわけではありません!
犬が、子牛ぐらいの大きさあるんですよっ、
びっくり。お願いして写真撮らせていただきました。

b0222043_22245217.jpg



ね、ね、びっくりしませんか?
以前扱った
銅版画のモチーフがこの種類の犬と子供で、
デフォルメなのかと思いました。が、こういう犬が実際にいるのですね♪

もう一枚は、
車道の真ん中を疾走する、お兄さん。
これもびっくり。
車とおんなじ速度で、しかもレンタル自転車で、・・・疾走していきました。
交通違反だよね。
でもこのあとも、こういう自転車がたくさん来ましたぁ。きゃー
b0222043_2233639.jpg


因みに、これは、リパブリックの広場です。
交通の便がすこぶるいい場所なんですが、今は治安が良くない感じがひしひしといたしました。
パリは、政策によって移民がどんどん増えていて、それに伴い、貧困層も増えています。
スリには、旅行慣れした方も遭うようですから、皆様もお気をつけて。

これでは、なんだか後味悪いようです、
お口直し!?に、大好きな19世紀、ショワジール・ロワの銅版転写のお皿の写真を一枚。
では、また♪

b0222043_22584499.jpg

[PR]
by leangedelamaison | 2011-09-25 23:01 | 買い付け徒然
<< 催事出店のお知らせ、 京都大アンティークフェアから新宿へ >>