大変個人的な話ですが、家族っていいですね!
b0222043_16441737.jpg



季節外れの燕のお皿。
つがいの燕は、子沢山あるいは家族を守り育てるという意味合いがあり、幸福の象徴です。

ランジュドメゾンらしい
品物ですね♪


このお皿は13枚仕入れて、
あと残り三枚になりました。
残念ながら、うち一枚には欠けがあります。




このつがいの燕のお皿、
私の家族も所有しています。

京都のアンティークフェアにやってきた父が、私の店をじっとみていました。

また、指導的な嫌味の三、四個言われるのだと覚悟していたら、
このお皿を指差して、
「これ買うてやる。」って言います。

拍子抜けして、
「なんでよ、あげるわよ。」
とつい偉そうに、私。

「いや、〇〇の出産祝いに買ってやる。燕は縁起がええからな。」
と、買ってくれました。

今、妹の新居の玄関にこのお皿があります。
妹は、「毎日観てたら、いいなぁって思うわよ。」って。
褒めてるのかけなしているのか。
母も、「何度も見るといいね」だって。
「何度みても良いね」の間違いでしょ。

同じアンティーク商の叔母も、
これはいいなぁと何度も言うので、とあるお祝いに一枚プレゼント。
私も自分用に一枚。


家族の話でもう一つエピソード。

昨日いろんなことをいっぺんに思い出してネガティブスパイラルに落ち込んでいたら、
ちょうどもの凄くよいタイミングで、父からメールが来、「大丈夫か?」 と心配している。めったに父からメールなんてこないのに。

今日は今日で、
いつもこれまた嫌味とドギツイ叱咤激励しか言わない下の妹が、
「お姉ちゃん、元気?」
と、電話をくれました。

私のブログ、
元気がなかったのかなぁ???
反省反省

最近仕事が上手く回りだして
多少有頂天でしたが、
元麻布に来て悩み多き毎日でした。
バルボティーヌという商材の難しさ、懇意にしてもらえる骨董商になるまでの道のり、
あるいは客層と商材のマッチングすなわちマーチャンダイジングの重要性、
色々なことが足りないと再認識しています。

因みに、ミミパンソンさんの商品や和骨董はお買い求めいただけました♪♪


購入していただいたお客様は、
とびきりお洒落な方々でした。
[PR]
by leangedelamaison | 2011-11-15 16:42 | その他
<< 明日の大江戸骨董市In池袋が天... 現在、展示中の商品♪ >>