雉くんの、ピッチャー
ランジュドメゾン、

フランス語で Le ange de la maison は、「お家の天使」という意味です。


私の思う「天使」は、幸せにしてくれるもの。
喜びや優しさやそれに伴う愛を運んだり。


私が扱う品物が、買って頂いたお客様を幸せにしてほしいと願っています。
大それた願いですが、
大真面目にそう思っています。


だけど私が願うまでもなく、
アンティークの、昔の職人が作り出した工芸品には

可愛らしい天使が金色の粉を撒いているかのような、輝きがあります。


b0222043_1230286.jpg



雉くんのから、鼻歌♪が聞こえてきそうなこのピッチャー。
見てると、ニンマリ♪してきます。

高さ7㎝。
小さくて、ころんとしています。
Paris釡の、19世紀末頃のもの。
全てハンドペインティングです。

b0222043_1236184.jpg


ね、輝いているでしょ?

b0222043_12594096.jpg


b0222043_1302397.jpg



しかし、残念ながら内側にヒビがあります。
b0222043_12453074.jpg

ヒビは釉薬の溜まりに出来たもので、表まではとどいてはおらず、表面は綺麗です。

もうひとつ、写真右上には、ちっちゃいホツもあります。

当店は、主に陶磁器のアンティークを扱っておりますので、
一部の品物には、何かしらの傷みや染みなどございます。
ですから一部の顧客様を除いては、対面販売で納得してお買い上げいただきたいと考えておりました。


でも「通販をしない」で小売りをするというのは大変です。


ブログを通してお問い合わせ頂くこともございますので、
今回より、一商品を詳しく掲載させていただきます。

どうぞ、よろしくお願いいたしますね。
[PR]
by leangedelamaison | 2012-03-14 12:11 | 商品紹介
<< 「カラいぞ、気をつけな。」 ボタニカルプリントの麻布 >>