小さなBarbotineのピッチャー
イチゴミルク色のかわいらしいピッチャーをご紹介します。

b0222043_08313148.jpg
時代は1900年代の初めくらい、アールヌーボーからアールデコに移るくらいの雰囲気ですから、
1910~20年頃のフランスものと推測しています。
飴が溶けていくような色の濃淡、美味しそうに思えます。

二週間の長丁場の催事中で、疲れちゃった私の癒しのアイテムです。

君にミルク入れたら、いっそう美味しそう。
イチゴソースもいいよね、
あーかき氷のシロップかあ・・・
とか、空想しちゃう。


こちらの品物は、ただいまプランタン銀座5階で展示販売しておりますので
ぜひ御手にとってご覧くださいませ~♪

品物の製造元は調べてわかれば加筆掲載しますね。

品物についての詳細など、お問い合わせは、angedemaison@gmail.comまで

※食品衛生法に関するお知らせ
ランジュドメゾンの商品はアンティークであるため
食器として販売するために必要な、素材の成分分析をしておりません。
したがって、法律上、お皿やピッチャーなどもすべて観賞用として販売しております。
以上をご理解いただいたうえで、お買い上げ後は、お客様のご判断でご使用くださいませ。



[PR]
by leangedelamaison | 2014-06-15 08:37 | Barbotine
<< ブルターニュ通りのマルシェ Royal Stanley 銅... >>