2013年 02月 27日 ( 2 )
仲良し♪インコの鉢カバー
3月1日~12日まで、PRINTEMPS銀座「アンティークバザール」に出店しております。
ご来店いただければ幸いです♪

チャーミング!その言葉がぴったり♪な鉢カバーを今日はご紹介いたします。
「ちゅん、ちゅん、」っておしゃべりが聞こえてきそうな・・・
(インコって「ちゅん、」って鳴きましたか??)
仲睦まじくて、ちょっと照れくさいですね、そう思うのは私だけですか?

b0222043_19225874.jpg

蔓の枝にピンク色のお花も咲いています。
b0222043_19164968.jpg

ツタの観葉植物を入れると、ほかでもなく、これが当然という姿に。
b0222043_19171659.jpg




b0222043_19174866.jpg

こちらのマークは、とあるフランスのHPで1894~1938年頃までのカテゴリーに属していました。根拠などは記載されておりませんでしたので、確定が難しいものの年代を大きく幅をとって示しているのでしょう。
デザインがアールヌーボー的であるけれども、陶器の質感がそれにしては新しいので、20世紀初頭のものでしょうか・・・


昨日のブログの続きで、このインコの鉢が作られたONNAINGもフランスの北部の町です。

b0222043_19301378.png


1821年にBOUSIES家とSECUS家、二つの貴族によって製陶工場が作られたそうです。
因みにBOUSIES家は、18世紀末1789年のNimy-Les-Monsの製陶工場の開業にもかかわっています。

余談ですが、こうした製陶工場の成り立ちは、産業革命と時期を同じくしていて、
18世紀末以降、貴族によって開業され、陶器を大量に生産するため500人とか1000人規模の労働者を抱える大工場に発展することも少なくなかったようです。
さらに、北部の国境線に近い製陶所の多くが欧州の戦地(第一次世界大戦の)に位置したため、これらの陶器の“時代”を語ろうとすると否が応でも戦争の事実と向かい合うことになってしまいます。
知りえた事実は、時々お話したいと思います。


今の私は、
この鉢をみて、「綺麗ね~♪♪」って、ただただ優しい気持ちになるばかりです♪
それはそれで。
[PR]
by leangedelamaison | 2013-02-27 19:23 | Barbotine
ガラスの器あれこれ
カメラを新調し、
3/1~のプランタンの準備をしながら、写真を撮ってみました。
私のカメラは一眼レフではなく、
「マクロ1cm」の機能付きのコンパクトデジカメです。

b0222043_045815.jpg


b0222043_045357.jpg


b0222043_046795.jpg


とても綺麗にとれた!と私は感動いたしましたが、
いかがでしょう??

写真のミルクピッチャーは20世紀初頭のイギリス製だそうです。
氷砂糖をみずにぬらしたような美味しそうな煌めきが魅力的です。
型押しガラスですが、彫りも深く乳白色と透明のコントラストも美しいです。


気を良くして、もう一枚、もう二枚と撮影いたしました。
b0222043_0543410.jpg


b0222043_055098.jpg


こちらは、19世紀末と20世紀初頭のフランス製のオパルセントグラスの花びんです。
優しい色合い、フェミニンな文様がフランスらしいですね。

そうしているうちに夕方がきて夜が来て。
いつの間にか今日が終わり、明日が今日になり。
プランタンの準備を心をこめてしております。
皆様にお越し頂ければ幸いです。
[PR]
by leangedelamaison | 2013-02-27 00:55 | 商品紹介